カラダは繊細なんです!! その疲労感、だるさは気温差によるものかも知れません。。

リラックスオステオパシーで出張施術のサローネ・デル・ソーレ!

カラダコンサルタントの天見 心です。

 

おはようございます。

梅雨に入り晴れ間が恋しい季節ですね 何よりこの時期の寒暖差が大きな時期です。

 

この時期なんだかだるい。。疲れやすい。。なんてことないですか?

 

こういう時期は、カラダにとっても負担が大きいのですね。

例えば、気温が下がるとカラダが維持をしてエネルギーを消耗してしまうからです。

生活の中で緊張時に優位交感神経と、リラックスした状態で優位になる副交感神経

(合わせて自律神経と言います)がバランスを崩しやすく、結果 カラダの不調を

起こします。

 

カラダは思っている以上に繊細なのです。

 

どんな症状が出やすいかと言いますと、

・だるい

・疲れやすい

・カラダが冷えて温まらない

・頭痛

・肩こり

・めまい  など

人によりさまざまです。

 

こういう時は、

カラダを冷やす食べ物は避けて温まるものを中心に摂取してくださいね。

・冷たいジュース、サラダよりも温野菜・根菜類

・コーヒーよりも紅茶の方がカラダを冷やしません。

コーヒーはホットであっても陰陽の観点から言うとカラダを冷やす作用があります。

また、入浴はシャワーで済ませず、湯船に浸かりましょう。

体温調節しやすい重ね着もポイントですね。

 

おすすめは、

昔から伝わる梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)です!!

作り方はカンタン

・10分以上煮たてたほう茶(できれば3年熟成した有機三年番茶)

・梅干し 1個 (昔ながらの梅と塩だけの梅干し)

・しょう油 小さじ1

・しょうがのおろし汁 小さじ1/2

①梅干しの種を取って果肉と醤油としょうが汁を混ぜる。

②熱いほうじ茶(三年番茶)を注ぐ

たった、これだけです。

カラダもあたたまり、三年番茶は、カフェインも少ないので妊婦さんにもOKです。

少々の体調は、これで改善できることも多いのです。

気持ちもリフレッシュします。

 

朝、一杯の梅醤番茶(うめしょうばんちゃ)でほっこり、すっきり一日を

スタートしてみてくださいね~♬

 

今日も素敵な一日をお過ごしください!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

施術後の好転反応について

リラックスオステオパシーで出張施術のサローネ・デル・ソーレ!

カラダコンサルタントの天見 心です。

 

施術後、だるさ眠気などが出ることがあります。

 

マッサージでは、揉み返しとも言われていますが、

オステオパシーは身体を揉まないので揉み返しはありません。

 

揉み返しと好転反応は違います。

 

揉み返しは、身体に強い刺激を加えて傷ついた時に出る『痛み』です。

好転反応は、身体の自然治癒力が働いて良い状態に変化するための反応です。

いつもお客様にお伝えしていますのは、施術後72時間は、特に自然治癒力が高まり

ご自身のカラダを調整するため反応が出やすいのです。

また、いくつかの不調が重なっている場合に一番辛い部位が改善され、他の不調部位が

クローズアップされることで感じる『痛み』もあります。

 

好転反応が出た後は、『すっきりして元気になった』と

お感じになると思います。

 

好転反応には、こんなことがあります。

・眠い

・だるい

・痛み(不調の箇所や気が付かなかった箇所の痛みなど)

・尿の量や色、回数に変化が出る

・下痢

・吐き気 

・目ヤニ 

・発熱  など

 

その方によって、またその方のお身体の状態によっても出方が違います。

必ず出るということでもありませんので怖がる必要はありません。

水分を多めに摂ってなるべくゆったりと身体を休めるようにお過ごしいただければと思います。

痛みが出た場合は、その部位を氷で冷やしてください。(保冷剤はNGです。必ず氷で)

冷凍庫から氷を出して少し水で濡らしツルツルの状態にします。

これをビニール袋に2重にして水分が漏れないようにして部位に当ててください。

溶けたら、新しい氷で同じように冷やしてください。

 

好転反応は、こんな方に出やすい傾向があります。

・長い間不調が続いた方

・筋肉量が少ない方(男性よりは女性に出やすい傾向)

・若い方より年齢が高い方

 

手当のように優しい施術なのですが、カラダが変化いたします。

好転反応は一時的なものですが、あまり長く続くようであれば別な原因によることも

考えられますので医療機関でご相談いただくことをおすすめします。

 

 

Oldiefan / Pixabay